トップページ > 雑誌一覧 > +act.1月号

写真集


+act.1月号

act , 戸田恵梨香 , 加瀬亮

巻頭特集:戸田恵梨香×加瀬亮 その篇の終焉。
『劇場版SPEC~結~漸ノ篇/爻ノ篇』で遂に完結!

完全独占! 撮り下ろしポートレイト&ふたりが語る舞台裏エピソード満載対談!

向井理
“セカイ”のベールを脱ぎ捨てる時がやってきた! 『~爻ノ篇』に隠された真実とは?

大島優子
謎の白い女を熱演。誰も見たことのない大島優子の姿がスクリーンに映し出される!

竜雷太
『ケイゾク』から続くキャラクター。野々村係長が語る『SPEC』の記憶のカケラ

神木隆之介
容姿は変わらずとも何役も演じることとなったニノマエ。本作品で役者魂を見せつけた

有村架純
デビュー時から「一緒に歩いてきた」感覚と語る“雅ちゃん”の魅力

『SPEC』総ざらい大特集! 堤幸彦監督×植田博樹プロデューサー対談 ほか

岡田准一
大きなメッセージを抱えながら生きた男・宮部久蔵の人生を生き抜いた達成感

三浦春馬
『永遠の0』を通じて「役と向き合う大切さを改めて感じた」という三浦春馬の心境

高良健吾
役者を始めて10年を迎えようとする高良健吾が、最新作『武士の献立』に出演!!

佐藤健
恋愛、音楽、青春がたっぷり詰まった『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で、本格ラブストーリーに挑戦!

【CLOSE UP!】上田竜也
蜷川幸雄演出の舞台出演に気合はばっちり。今まで見たことのない新しい上田竜也が誕生する!

中村倫也
役に対してがらっと変身を遂げる中村倫也が、舞台『ラブクラフト・ガール』で見せる顔とは?

水川あさみ
女性監督ならではの細やかな視点で描かれた『バイロケーション』で水川あさみが表現した“人間の悲しみ”

SPECIAL TALK 遠藤要×佐藤祐基×馬場良馬

【特別企画】松田龍平
『麦子さんと』でヒロインのダメ兄貴を好演! 様々な役を演じてきた松田龍平が今作で臨んだアプローチ方法とは

【PLAY act. VOL.35】
皆川猿時

『あまちゃん』の記憶が新しい皆川猿時。彼のインパクト大な個性はどうやって生まれた?

REPORTact.~撮影現場レポート~
藤ヶ谷太輔
『劇場版「仮面ティーチャー」』

【大好評豪華連載陣】
バトンエッセイ 仲里依紗×吉高由里子 NAKAYOSHIの『今日はこんな感じで。』 Baton.34 吉高由里子
生田斗真 『さらば、紅い髪のエイリアン』 22
松山ケンイチ 『つながり』 第十三回 映画監督・金子修介
永山絢斗 『SEASON 4 FADEOUT』 VOL.25
綾野剛 『牙を抜かれた男達が化粧をする時代』 S♯.25
小出恵介 『小出以外の大人に会って、ためになる話を聞いてただ酒呑もう。』 第17回 野口強(スタイリスト)
真木よう子『そうだ、好きなマンガ家さんに会って色々しゃべって、サインもらおう。』第21回 幸村誠
ムロツヨシ 『数、ある記憶の中から』[4]
PROFOUND TV『音楽×映画の交差点。』第27回 downy
細野ひで晃 『ぺんぺん草に憧れて』 第三十四回
吉田恵輔 『蝶のように舞い 猫のようにニャ~』第三十四回
一雫ライオン『ライオンちゃんねる』vol.3
山田孝之 『心に憧れた頭の男』 vol.34


【御詫びと訂正】
プラスアクト2014年1月号P1、「目次」内表記に誤りがありました。
「056 松山ケンイチ『つながり』 13」へ御協力頂いたのは金子修介監督です。
正しい表記は「映画監督・金子修介」となりますことをここに訂正させて頂くとともに、
金子修介監督ならびに読者の皆様、関係各位に御迷惑をお掛けしましたことを心より御詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。




【御詫びと訂正】
プラスアクト2014年1月号P1、戸田恵梨香さん、加瀬亮さんのスタッフクレジットに誤りがありました。
正しい表記は、
スタイリスト/【戸田】井阪恵、【加瀬】梶雄太
ヘアメイク/【戸田】倉田明美、【加瀬】宮田靖士
です。
ご本人及び関係者の皆様、読者の皆様に御迷惑をお掛けしましたことを心より御詫び申し上げるとともに、
ここに訂正させて頂きます。大変申し訳ございませんでした。

【御詫びと訂正】
プラスアクト2014年1月号P11、戸田恵梨香さん、加瀬亮さんのスタッフクレジットに誤りがありました。
正しい表記は、
スタイリスト/【戸田】井阪恵、【加瀬】梶雄太
ヘアメイク/【戸田】倉田明美、【加瀬】宮田靖士  文/米川里代
です。
ご本人及び関係者の皆様、読者の皆様に御迷惑をお掛けしましたことを心より御詫び申し上げるとともに、
ここに訂正させて頂きます。大変申し訳ございませんでした。

[発売日] 2013-11-27