トップページ > 新書一覧 > ご縁とお役目 ~臨床医が考える魂と肉体の磨き方~

写真集



ご縁とお役目 ~臨床医が考える魂と肉体の磨き方~

矢作直樹

「人生は命の長さではない」「私たちの魂は死ぬことがない」
「自分への関心が病気の予防につながる」(本文より)
――ある現役臨床医が綴る、寿命の本当の意味、今生における私たちのご縁とお役目、そして魂と肉体の磨き方まで。本書では、意識の持ち方から身体の管理まで、そのメソッドをこれからの日本を担う若い皆さんに提案していきます。
ベストセラー『人は死なない』の著者、待望の最新刊! !

第一章 寿命とは「魂を磨く期間」でもある
第二章 私たちの魂は死ぬことがない
第三章 健やかに生きる
第四章 社会における私たちのお役目について

定価 : 864 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6546-0  [発売日] 2014-03-08 

ワニブックス【PLUS】新書 , 矢作直樹

information

PROFILE
矢作直樹(やはぎ・なおき)

東京大学大学院医学系研究科 救急医学分野教授/医学部附属病院 救急部・集中治療部部長。
1981年金沢大学医学部卒業。1982年4月より富山医科薬科大学の助手となり、
1983年6月より国立循環器病センターのレジデントになる。
1991年7月より国立循環器病センターの外科系集中治療科の医師、医長を歴任。
1999年10月より東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻教授、
精密機械工学専攻の教授を兼担。2001年より東京大学大学院医学系研究科救急医学分野の
教授となり現在に至る。主な著書に『人は死なない』(バジリコ)などがある。