トップページ > 新書一覧 > 終(つい)の二択 ~定年からの取捨選択術~

写真集


終(つい)の二択 ~定年からの取捨選択術~

紀平正幸

老後の人生は「定年退職」、「妻との離別」、「年金受取」、「介護問題」など生活の環境ががらりと変わり、数々の岐路が現れます。
「退職金は、一括受取? それとも、年金受取?」、「葬儀は、挙げるべき? それとも、挙げない?」など後戻りできない究極の二択に直面した時、あなたなら“最期”にどちらを選びますか? 本書では、これら老年時代における二択に対し、ファイナンシャルプランナー流・決断に困らない選択術を伝授します。自らの手で、「最高の生き方」そして、「最高の逝き方」をたぐり寄せる!

(目次)
第一章 「暮らし」の終の二択
第二章 「人間関係」の終の二択
第三章 「食事」の終の二択
第四章 「仕事」の終の二択
第五章 「健康・医療」の終の二択
第六章 「人生」の終の二択

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6549-1  [発売日] 2014-06-09 

紀平正幸

information

PROFILE
紀平正幸(きひら・まさゆき)

ライフカウンセラー、ファイナンシャルプランナー、多摩大学大学院客員教授、心理カウンセラー。幅広い世代を対象としたライフプランニングに関する講演、執筆、個別相談の他、テレビ、ラジオのコメンテーターとして活躍。また、かつての病院での心理カウンセリングの経験をもとに、経済的な問題にとどまらず、心の問題まで配慮して、相談者の人生に関わることを信条としている。現在10人のFP仲間と共に「くらしとお金の救命相談センター」を運営し、生活困窮者や被災者など経済的にFPサービスを受けられない人を対象に自立支援のボランティア活動も行っている。