トップページ > 新書一覧 > 逆境を乗り越える技術

写真集


逆境を乗り越える技術

佐藤優×石川知裕

苦境脱出のために必要なのは精神論ではなくリアルな ”技術” である
ともに東京地検特捜部に逮捕され、有罪判決を受けた外交官と衆議院議員。長期間の検察の取り調べに毅然として臨み、佐藤氏はその後、作家として大活躍。石川氏は議員辞職し最高裁へ上告中である。

順風満帆だった二人の目の前に突然現れた、とてつもない逆境。今まさにその真っただ中にいる石川氏が、その逆境を乗り越えてきた佐藤氏に生き残るために何が必要なのかを問いかける。今、苦境に陥っている人へのリアルなアドバイスが満載。
弱肉強食が進む現代、いつ訪れるわからない逆境に備えるための貴重な一冊が誕生した。これはまさに、サバイバル人生論である。

プロローグby石川知裕  
●第一部 逆境を生きる――陥ってしまったら
うつ病とのつきあい方/組織や上司とは戦うな/そ落ち着いて考えよ/
プライドにしがみつくと破滅する/人こそは宝なり/譲ってはならないことを見極める
●特別編 逮捕されるということ
取調官は同胞?/逮捕されて見えてくること/説明はダメ、嘘もダメ/
〝世間知らず〟な検察官/罪が重いほうが公民権回復が早い?
●第二部 平時――逆境に備え、やっておくべきこと
あらかじめ考えておきたいこと/やはりお金は軽視できない/国家は遠い存在ではない/
いまだからこそマルクスが役に立つ/何を学んでおくか?/やはり持つべきものは〝友達〟
●エピローグby佐藤 優

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6072-4  [発売日] 2014-06-09 

佐藤優 , 石川知裕 , ワニ・プラス

information

PROFILE
佐藤 優(さとう・まさる)

1960年東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館、本省国際情報局分析第一課等で勤務。2002年背任・偽計業務妨害で東京地検特捜部により起訴。2009年有罪確定・失職。『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞受賞新潮文庫)等、その著書は数多い。

石川知裕(いしかわ・ ともひろ)
1973年北海道生まれ。早稲田大学商学部在学中から小沢一郎秘書。2007年衆院選初当選、以後2期連続当選(通算3期)。2013年議員辞職。現在は法政大学大学院政治学研究科に在籍。議員在職中に陸山会事件で東京地検特捜部により起訴。最高裁に上告中。メルマガ「汚名返上」を「まぐまぐ!」にて好評連載中。