トップページ > コミックス一覧 > 月刊コミックガム4月号

写真集


月刊コミックガム4月号

コミックガム

今月号の表紙は大岩ケンヂ先生から『赤と蒼のエーレンベルク』になります。
禁じられた乙女たちの恋―――――なのか?(笑) 微百合じゃないのだけは確かですね! 今月号から段々物語が動いてきたので、まだ読んでないって人は今からでも遅くないので読み始めましょう。エッチだけじゃなくキャラの動きが素晴らしいんですよ。

それと今月のダブル表紙のもう一人は門井亜矢先生です。なので『メロンくりーむソーダ』だけじゃなく『ふーと漫画と時々ハワイ』も掲載されております。『ふーと漫画と時々ハワイ』は単行本で読みたいので増ページしてほしいですよね。そう言えばさっき秋葉原の書店さんを覗いたらガムコミックスの新刊が入っておりました。まず高木信孝先生の『放課後R』の第1巻。某『SHIROBAKO』が流行ってる今こそ、アニメーション研究会に所属する学園の女の子たちによる作品をどうぞ! ちなみにまだ1巻ですけど企画自体は相当前から動いていた作品なんですよ。

で、もう一つが今月号で最終回を迎えるTNSK先生の『カラスマ0条探題-魔法少女大戦-』の第2巻(最終巻)です。本作は『魔法少女大戦』という作品のコミカライズではありますが、ストーリー構成自体はTNSK先生によるオリジナルと言って間違いないくらい作り込んであります。そこを踏まえたうえで1巻2巻を読んでいただけると嬉しいかなと思います。最終回が掲載された本誌と単行本が同時発売なのでご愛嬌で両方買ってください(笑)。そして谷村まりか先生による『ほけんのせんせい』も今月号で最終回となります。こちらも感動の最終回!

ファンの方は漫画を読んだら速攻でアンケートハガキを送るのです! 『一騎当千』は特別編を収録。『サクラコード』と『低俗霊狩り』は人生ゲーム的に言いますと一回お休みです。個人的に早く続きが読みたいです。苺野しずく先生とヒロモト森一先生による『牙狼』二本立ては今回もページ増量にてお届け! 邪武丸先生の『化け猫システム』は、温泉編が今回で終了となります。早苗町の化け猫(!?)と深い因縁があるっぽい化け狐との結末は如何に! どちらかというとオタクではなく一般の読者にウケてるっぽい宗我部としのり先生の『デジマンデス』は第1巻が1月に発売されましたので買って周りに教えてあげてね!

結構ドロドロとした展開がSFやファンタジーファンに人気のRyota-H先生による『Arcdia[アークディア]』も、実は単行本が第2巻まで発売されています! ほかに連載作品ですと、女性キャラのタッチが色っぽい永緒ウカ先生の『幻想のヴェルトール』が第3巻、皇宇(ZECO)先生の『Battleship Girl Tempest -鋼鉄少女 嵐-』が第1巻発売中ですが、最初と『北海のワルキューレ』まで全部で6冊、Dr.モロー先生の『リッチな生活』が第3巻まで、RYU-TMR先生の『レゲー解体劇場』が2冊出ております。そんな感じです。

なお今月から新連載としてほのじ先生による『鬼斬ZAN』が始まりました! ゲームと一緒にお楽しみいただければ! 読み切りはシネクドキ先生のほんわか漫画『りんりんたぬき』が掲載されております。そんな感じで今月も宜しくお願いいたします。それではごきげんよう~。

[発売日] 2015-02-26