トップページ > 書籍一覧 > 88歳の現役医師が元気に実践中! 100歳まで健康に生きる39のコツ

写真集


88歳の現役医師が元気に実践中! 100歳まで健康に生きる39のコツ

前田昭二

「自分のことは自分でする」「夕食は好きなものを食べよう」
「長寿遺伝子を活性化させましょう」「“長寿ダイエット”で体重を落とそう」
「寝たきり、転倒を防ぐ運動、お教えします」。目・耳よし、会話もハッキリ、階段もスタスタ。

御年88歳の現役医師が自ら元気に実践中の39の生活習慣を伝授。
らくらくと平均寿命を越えて、まだまだまだ一緒に走りましょう!

定価 : 1,100 円+税
[ISBN] 978-4-8470-9395-1  [発売日] 2015-11-15 

前田昭二 , 頼りになるお医者さんシリーズ , 健康 , 電子書籍

information

PROFILE
前田 昭二(まえだ しょうじ)

赤坂見附前田病院 総院長
1927年 東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。
1961年 内視鏡(ファイバースコープ)を日本に導入。
1968年 前田外科病院長に就任。
名古屋保健衛生大学客員教授。日本臨床外科学会名誉会員。消化器系外科専門医及び内視鏡専門医。現在、赤坂見附前田病院総院長。前田病院は初代・前田友助が1927年(昭和2年)に東京・伝馬町(現在の港区赤坂)に前田外科病院として開設し、二代目院長の前田昭二、三代目院長の前田京助が継承し、2015年(平成27年)10月創立88年を迎え.る。現在は内視鏡治療に重点を置く総合病院として、外科・整形外科以外の診療も行われ、1998年には病院の名称からも「外科」が外され、「赤坂見附前田病院」と改称されている。