トップページ > 書籍一覧 > れんこんパワーで病気をはじき出す! 粘膜力でぜんぶよくなる

写真集


PROFILE
和合治久(わごう・はるひさ)

埼玉医科大学教授。理学博士。
1950年、長野県生まれ。東京農工大学大学院修了後、京都大学にて
理学博士号取得。国際個別化医療学会顧問。日本における免疫音楽医療研究の第一人者。専門分野は、動物生体防御学、腫瘍免疫学、アレルギー学など。著書に『れんこんパワーで病気をはじき出す! 粘膜力でぜんぶよくなる』『聞くだけ! 認知症にならないためのCDブック』(ともに小社刊)など多数。2015年、監修したCD『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』が第57回日本レコード大賞・企画賞を受賞

れんこんパワーで病気をはじき出す! 粘膜力でぜんぶよくなる

和合治久

テレビ、雑誌などメディア出演で話題! 「免疫」の専門家、和合先生の最新健康法!
昨今、病気をはじき出す最高のシステムとして注目が高まっている「粘膜バリア」。
腸や胃、口や鼻にも関わる「粘膜」が寿命のカギを握っていました。
たとえば、口の粘膜がきちんと唾液を分泌できないと、インフルエンザの予防ができないことはもちろん、
現在、日本人の死因の第4位となっている肺炎を引き起こす要因にもなってしまうのです。
「粘膜力」を上げることは、イコール「免疫力のUP」。
本書では、健康番組でも特集が組まれ、注目度の上がっている「粘膜」に注目し、
誰でも簡単にできる方法ばかりを集めた「粘膜力の鍛え方」を伝授していきます。

定価 : 1,188 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9411-8  [発売日] 2015-11-27 

和合治久 , 健康