トップページ > 新書一覧 > 坂東正章『「高血圧放置のススメ」は”犯罪”です!~死に至る合併症は今も密かに進行しています』

写真集


坂東正章『「高血圧放置のススメ」は”犯罪”です!~死に至る合併症は今も密かに進行しています』

坂東正章 , 健康 , ワニ・プラス

「高血圧など放っておけばよい」
「年を重ねれば、血圧が高くなるのはあたりまえ」
「自覚症状がなければ病院に行く必要はない」

こういった主張をする医師たちがいて、関連する書籍も数多く出版されています。長年、高血圧患者の診療にあたってきた著者は、放置されてきた高血圧のせいで深刻な合併症に苦しむ患者さんを数多く救ってきました。

そんな著者が、上記の無責任な発言に断固反論します!

放置された高血圧でどんな合併症が引き起こされどんな経過をたどったか、著者のクリニックの患者さんの例をもとに、高血圧を放置するリスクを分かりやすく解説します。また、高血圧と診断されたらどうすればよいのか、その正しき対処法についても明らかにします。検診で高血圧と指摘された人必読の一冊です。


発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6105-9  [発売日] 2016-12-08