トップページ > 書籍一覧 > 澁谷梨絵『世界でいちばんおいしいお米とごはんの本』

写真集


澁谷梨絵『世界でいちばんおいしいお米とごはんの本』

澁谷梨絵 , 料理 , レシピ , 電子書籍

正しく炊けば、どんなお米も今より必ずおいしくなります!

著者は、松屋銀座の人気店舗「米処 結米屋(こめどころ ゆめや)」のオーナーで五ツ星お米マイスター。
おいしいお米を探し求めて、全国各地のお米生産地を歩き回り、お米の味を誰よりも知っているプロフェッショナルです。

現在、お米の世界は生産者のたゆまぬ努力による品種改良や精米技術の進歩によって、おそるべき進化を遂げています。

昔ながらの「おいしいお米の炊き方」は、時代とともに変わってゆき、現在の繊細でますますおいしくなっているお米に合った炊き方をしなければなりません。
著者はとにかくおいしいごはんを食べるために日々、炊飯実験を繰り返し、
同じお米でも最大限においしさを引き出す方法を研究しています。

お米の選び方から保存の仕方、炊き方、よそい方、冷凍・解凍の仕方など、知らなかったコツがいっぱい! また、古米をおいしく食べる裏技や、玄米の栄養を白米でも摂る裏技など、秘伝をすべて公開。

おむすび、おかゆ、雑炊、炊き込みごはん、混ぜごはん、チャーハンや酢飯など、
お米が主役になるメニューのコツやレシピも紹介しています。
この1冊で、きっと大好きになるごはんと出会えるはずです。

定価 : 1,296 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9538-2  [発売日] 2016-01-18 

information

澁谷梨絵(しぶや・りえ)
五ツ星お米マイスター。株式会社シブヤ代表。
日本で唯一、穀物の6大プロフェッショナル資格を持つ女性米屋。全国200ヵ所以上もの田んぼに通いつめ、探し出したこだわりのお米や雑穀を、松屋銀座本店、伊勢丹松戸店などで展開する「米処 結米屋(こめどころゆめや)」で販売しているほか、釜炊きごはんと手作り惣菜の弁当店「和デリ」も展開。
店頭ではお客様の体調に合わせた雑穀の調合などを行い、商品化も行っている。
お米・雑穀の栄養を伝えるため、保育園や幼稚園の給食にレシピを提案する食育をはじめ、幅広い世代に向けて講演活動を行う。
テレビやラジオ、雑誌なども取材も多数。これまで食べてきたお米は300種類以上、お米の魅力を伝えた人は1万人以上。
ほかに、雑穀エキスパート/ごはんソムリエ/薬膳インストラクター/雑穀マイスター/発酵食スペシャリストの資格を持つ。