トップページ > 書籍一覧 > それでは実際、 なにをやれば 免疫力があがるの?~一生健康で病気にならない簡単習慣~

写真集


それでは実際、 なにをやれば 免疫力があがるの?~一生健康で病気にならない簡単習慣~

飯沼一茂

お風呂の温度は――
40℃だと、がん細胞が死滅、
35℃の低温状態だと、がん細胞が増殖……。

※このとき、がん細胞を死滅させているのは「免疫」です。

こうした知識があるかどうかで、
みなさんの健康寿命が大きな影響を受けることは、言うまでもないでしょう。

本書では、40年間「免疫」の研究に従事し、世界中の人々を救ってきた「免疫予防医学の権威」が、
知らないと損をする、免疫学の最前線の知識をクイズ形式でわかりやすく紹介しています。

定価 : 1,404 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9544-3  [発売日] 2017-02-28 

飯沼一茂 , 健康 , 電子書籍

information

PROFILE
飯沼一茂(いいぬまかずしげ)

医学博士。純真学園大学客員教授。日本免疫予防医学普及協会代表。1948年生まれ。
1971年立教大学卒業後、ダイナボット・RI研究所(現:アボット・ジャパン)入社。
1987年大阪大学医学部にて医学博士取得。2008年よりアボット・ジャパン上級顧問。2010年には国際医療センター・肝炎・免疫研究センター客員研究員、2013年からは純真学園大学客員教授も務める。腫瘍や感染症などの測定法開発をはじめ、C型肝炎の検査薬での輸血による感染を撲滅させたことで世界的な評価を得た免疫のスペシャリスト。