トップページ > 新書一覧 > 基地反対運動は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください

写真集


基地反対運動は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください

知念 章

沖縄県民は中国共産党によるプロパガンダで洗脳されている!

「公安調査庁が監視対象としているような移設反対運動の立場を無批判に擁護し、あたかも県民の総意のように報じるのが沖縄メディアである。特に琉球新報、沖縄タイムスの二紙の反対派の擁護ぶりは地元紙ではなく過激派の機関紙だと言われる所以である。そして、これらメディアの裏には中国の存在が見え隠れしている。いずれにしても多くの日本国民が、同じ日本であるはずの沖縄について様々な疑問や違和感を抱いていることが多いのだろうと推測される。沖縄でいったい今何が起きているのか? 本書はこの疑問に答えるために書いた」(著者より)

定価 : 950 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6584-2  [発売日] 2017-03-08 

知念章 , 電子書籍

information

PROFILE
知念 章(ちねん あきら)

1964年沖縄県那覇市生まれ。父方は琉球戦国時代の忠臣「護佐丸」の末裔。母方は琉球王国時代の役人「親雲上(ペークミー・ペーチン)」の末裔。父親の転勤で小2で福岡へ。小5から高校卒業までを佐賀で過ごす。佐賀西高卒業後、大阪の関西大学商学部へ進学。卒業後、民間企業勤務を経て防衛庁(省)技官として関西補給処勤務。処内コンピュータシステム管理部門にて業務用アプリの開発、管理を実施。当時はPC黎明期でPC教育にも携わった。在職中に関西大学大学院 総合情報学部 社会情報学研究科修了。2002年フリーランスにて独立。流通業、ウェブサイト制作、ウェブマーケティング業、執筆業に従事。2016年大人の再学習の為のフリースクール『護佐丸リラーニングサポート』を設立。著書に『ネット活用で一生型収入を実現させる方法(アスカビジネス)』、『ストックビジネスでお金と自由な時間を手に入れる方法(こう書房)』がある。