トップページ > 書籍一覧 > 新田哲史/宇佐美典也『朝日新聞がなくなる日~〝反権力ごっこ〟とフェイクニュース~』

写真集


新田哲史/宇佐美典也『朝日新聞がなくなる日~〝反権力ごっこ〟とフェイクニュース~』

新田哲史 , 宇佐美典也

反権力? 正義感? 国連至上主義? 反日精神?
一連の行き過ぎた〝安倍バッシング〟で朝日新聞は自民党よりも信頼を失った!
――朝日新聞は生まれ変わることはできるのか? ネット世代からの直言!


「なぜ朝日新聞は安倍首相を憎むのか?」

森友&加計学園問題で迫る〝悪魔の証明〟、東京都議選における異常な自民叩き、そして滲み出る記者たちのイデオロギーまで……その違和感の正体に、『アゴラ』編集の新田哲史氏と元経済産業省官僚の宇佐美典也氏が深く切り込む。さらに蓮舫氏の二重国籍問題報道の裏側も分析。

「この本は朝日新聞への口汚い応援歌である」(おわりにより)


第1章 朝日新聞と〝反権力ごっこ〟
第2章 ビジネスとしての加計学園問題
第3章 二重国籍問題と報道しない自由
第4章 政策論争を放棄した都議選報道
第5章 昭和の体質を抜け出せない新聞業界
第6章 ゴシップ化するリベラルメディア
第7章 朝日新聞は生まれ変われるのか?

定価 : 1,400 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9611-2  [発売日] 2017-08-28