トップページ > 新書一覧 > マンフレッド・クラメス『交響曲「第九」の秘密 ~楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実~』

写真集


マンフレッド・クラメス『交響曲「第九」の秘密 ~楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実~』

マンフレッド・クラメス

日本では年末の演奏が恒例となっている、楽聖・ベートーヴェンの交響曲『第九』。

2018年6月1日には日本での初演奏から100年という記念すべき日を迎え、また現在までの聴衆者は世界で10億人を超えるとも言われている。
しかし、合唱部『歓喜の歌』の歌詞の“本当の意味”を知る人は、世界中を見回しても少ない。

今日まで、『歓喜の歌』の歌詞はキリスト教的な意味での神を称えていると考えられてきたからである。

そこに異を唱えるのが、ドイツ人研究家の著者、マンフレッド・クラメス氏である。
ベートーヴェンが生きたヨーロッパ近世の時代背景を丹念に考証し、ドイツ語の歌詞を入念に調べ解釈すると、まったく違った意味合いが浮かびあがってくるのだ。
神秘のベールに包まれた、ベートーヴェンが伝えたかった“真実”とは果たして?
その真実は、それを知る人間に「無限の喜び」を与え、より深い充足感と心の安らぎを約束する。

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6594-1  [発売日] 2017-09-25