トップページ > 新書一覧 > 95歳、余裕綽々~世界最高齢パイロットの人生操縦術~

写真集


95歳、余裕綽々~世界最高齢パイロットの人生操縦術~

高橋淳

「同乗者は誰も死なせない」
かの大戦中に操縦桿を握った男は今、
“飛行機の神様”と呼ばれ、
今日も大空を舞っていた――。


世界最高齢と「ギネス認定」された95歳の現役パイロット・高橋淳氏。
飛行時間は2万5000時間を超え、周囲からは「飛行機の神様」と崇められている。

飛行機に魅せられ、少年の頃からパイロットになるのが夢だった。
青年時代を迎えると、日本は第二次世界大戦に突入し、高橋氏も予科練から海軍の大型爆撃機操縦士として南方を転戦し、敗戦近くの沖縄戦で特攻隊に編入されたときには“最期”を覚悟したという。
しかし出撃中、心に誓っていたのは「同乗者は誰も死なせない」という覚悟だった。

幸運にも生きて戦後を迎えると、小型機とグライダーの世界に没入し、類まれなる飛行技術を生かしてフリーパイロットなどとして活躍。
また、組織のまとめ役、指導者としても慕われ、社団法人日本飛行連盟名誉会長を務めつつ、大空を縦横無尽に飛び回る日々を60年以上送っている。

そんな高橋氏だが、95歳を超えた現在でも華麗な飛行テクニックは健在。
週に1度は大空を舞っている。
果たして、第一線で活躍し続ける大ベテランは、空から何を学んだのか? 

どんな困難にも負けず、自分らしく生きていくためのヒントを語ってもらう1冊。

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6606-1  [発売日] 2018-03-08 

information

PROFILE
高橋淳(たかはし じゅん)

大正11年10月8日、東京都生まれ。予科練を経て、昭和16 年、甲種飛行予科練習生として海軍に入隊。太平洋戦争には一式陸上攻撃機のパイロットとして従軍した。戦後は小型機とグライダーのパイロット・教官として活躍し、現在に至る。社団法人日本飛行連盟名誉会長、赤十字飛行隊隊長。事業用パイロット世界最高齢ギネスワールドレコード更新中。国際航空連盟のポール・ティサンディエ賞、国土交通大臣賞、厚生労働大臣賞など、数々の賞を受賞。