トップページ > 書籍一覧 > “動物の精神科医゛が教える 犬の咬みグセ解決塾

写真集


“動物の精神科医゛が教える 犬の咬みグセ解決塾

奥田順之

数ある犬の問題行動のなかで、もっとも代表的かつ辛い思いをするもののひとつが「咬みグセ」。
一般的には「上下関係を教えられていないことが原因」など、しつけの問題として捉えられていますが、脳機能や身体疾患が原因である可能性もあり、実はしつけだけでは根本的な解決にはなりません。

本書では、メディアで「動物の精神科医」とも呼ばれ、国内にたった8名しか存在しない(※)獣医行動診療科認定医が、犬の脳とココロのしくみを解説することで咬みグセ(攻撃行動)の原因にアプローチし、解決方法のヒントを提示します。

もう、「うまくしつけることができなかった……」と自分を責める必要はありません。

本書を読んで、愛犬との幸せな関係を築きましょう!
※2018年8月現在

定価 : 1,404 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9723-2   [発売日] 2018-09-22 

電子書籍

information

PROFILE
奥田順之 (おくだ・よりゆき)

獣医行動診療科認定医/ぎふ動物行動クリニック院長/特定非営利活動法人 人と動物の共生センター理事長。犬猫の殺処分問題の解決を目指し、2012年NPO法人を設立。犬と人の関係性改善に向け、ドッグ&オーナーズスクールONElife設立。2014年ぎふ動物行動クリニック開業。スクール全体で年間約3800組(のべ数)の犬と飼い主の指導を実施。行動診療では、年間約100例の新規相談があり、トレーナーと連携した問題行動の治療を行っている。問題行動の根本はペット産業の繁殖・育成にあると考え、ペット産業のCSRの推進にも力を入れている。