トップページ > 新書一覧 > 大ホリスティックに生きる(仮)

写真集


大ホリスティックに生きる(仮)

帯津良一

人生100年時代を迎えた今、新しい医療と養生への提言! 若い頃からがん患者の治療に没頭してきた著者は、西洋医学の限界を感じ、漢方薬や鍼灸、気功などの中国医学やホメオパシーなどの代替医療を取り入れた帯津三敬病院を設立。日本ホリスティック医学協会の会長を18年間務めた(現在は名誉会長)。一昨年、人間まるごとを捉える、従来のホリスティック医学にとどまらず、素粒子から虚空まですべての場を相手とする「大ホリスティック医学」について天啓を受ける。生老病死すべてのステージを対象とし、医療と養生の統合、たとえ病の中にあっても、生きながらにして生と死を統合することをサポートするのが大ホリスティック医学であると説く。
御年82歳を迎える現役医師が、病や老い、死に悩む人に勇気を与えてくれる一冊。

第1章 大ホリスティック事始め
第2章 それまでの経過
第3章 それまでにわかったこと
第4章 大ホリスティック提唱後の歩み
第5章 エネルギー高まる病院の現場
第6章 大ホリスティックへの課題
第7章 大ホリスティックな生き方

発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 972 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6141-7  [発売日] 2018-12-08 

帯津良一 , ワニ・プラス

information

PROFILE
帯津良一(おびつ・りょういち)

日本ホリスティック医学協会名誉会長。日本ホメオパシー医学会理事長。医学博士。
1961年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科、都立駒込外科医長などを経て、1982年、帯津三敬病院を開き、現在は名誉院長。西洋医学に中医学やホメオパシーんなどの代替療法を取り入れ、ホリスティック医学の確立を目指している。『大ホリスティック医学入門』(春秋社)、『死ぬまでボケない1分間 “脳活” 法』(鳴海周平との共著/ワニブックス【PLUS】新書)ほか著書多数。