トップページ > 書籍一覧 > メンタルメイクセラピスト検定公式テキスト

写真集


メンタルメイクセラピスト検定公式テキスト

公益社団法人顔と心と体研究会

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このテキストは「メンタルメイクセラピスト検定」の受験に必要な知識・技術をまとめて掲載したものです。肌などに関する基礎的な知識、メイク技術(自分の顔のメイク、他者へのメイク)、コミュニケーションについて解説します。メイク技術に関しては、基本的に4級〜2級までの検定試験に対応しています。
受験を希望する方、受験を検討している方は必携です。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★メンタルメイクセラピストとは?

近年、多くの方々が外観に関する悩みを抱えています。あざや傷跡をはじめ、ニキビやエイジングに伴うシミ・くすみなど、年齢を問わず、また男女を問わず、それぞれの方々がそれぞれに見た目に悩んでいます。
メンタルメイクセラピストは、外観に悩みをもつ方々に対して、メイクによる解決という選択肢を提供し、本人が満足できる外観をつくるためのメイク技術の講習・指導を行います。
外観上の悩みには一人ひとりそれぞれに理由や背景があります。その人の悩みとその理由・背景をよく理解し、本人が能動的にメイクに取り組むよう促し、最終的には本人がありのままの外観を受け入れて、社会復帰・社会参加を果たすのを手助けするのが、メンタルメイクセラピストの目標です。

★メンタルメイクセラピストの資格とは?

メンタルメイクセラピストの資格は、以下の5段階で認証します。
4級:セルフメイクができる知識がある
3級:他者にメイクの講習・指導ができる
2級:他者にメイクの講習・指導を行う技術を教えられる
准1級:外観に関して様々な悩みを抱える患者に対して、医療現場でメイクの講習・指導を行うことができる知識と技術を身につけている
1級:准1級資格者でインターンにより経験を積んでいる

★美容と医療をつなぐ

メンタルメイクセラピストには、卓越したメイク技術・メンタルケアとカウンセリングができる知識と技術・医療の基礎的な知識を身につけることが求められ、外観に悩みをもつあらゆる人達のQOLを上げるため、美容と医療をつなぐ役割を担います。ビューティーアドバイザーや理美容師などの美容関係者、医師、看護師、理学療法士などの医療従事者をはじめ、さまざまな職種の方々にとって役立つ資格です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次

1章 基礎理論 
骨格、筋肉、血管、リンパなどの構造、メイクに関連する基礎用語などを身につける

2章 メイクアップの基本テクニック 
自分自身の顔へのメイクを学ぶことにより技術に加えメイクと心の関係などを理解する

3章 他者へのメイクアップ 
セリフメイクとは違う技術に加え、さまざまな問題を抱える相手とのコミュニケションの実際を理解する

4章 化粧品と法規
メイクに使用する化粧品についての科学的な知識の基礎を理解する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 3,600 円+税
[ISBN] 978-4-8470-9802-4  [発売日] 2019-08-02 

ワニ・プラス , 電子書籍

information

公益社団法人 顔と心と体研究会
理事長 内田嘉壽子(かづきれいこ)

フェイシャルセラピスト、歯学博士、REIKO KAZKI主宰
メイクアップの指導を行いながら、医療機関と連携し、多くの人が抱える「顔」の問題にメンタルな面からもアプローチする「リハビリメイク」の第一人者。外観の悩みについて研究、学会発表・調査を行い、メイクの価値向上に尽力。また、テレビや雑誌、講演会などでも広く活躍中。