トップページ > 書籍一覧 > 国境を守る7つの道 - 「三匹の子ぶた」にみる安全保障 -

写真集


国境を守る7つの道 - 「三匹の子ぶた」にみる安全保障 -

加藤ジェームズ

国境を守るには、軍事力以外にも目を向ける必要がある――


専門用語が多すぎたり、戦争のイメージと結びつきやすい「安全保障」という単語。
たしかに、安全保障とは「国家が脅威をもたらす敵から領土・国民を守る」ことであり、
戦争が身近でははい日本人にとっては、関係ないと思ってしまうでしょう。

しかし、「戦争が身近ではない」ことと「安全保障が身近ではない」ことは
イコールの関係ではありません。
なぜなら、脅威とは軍事力だけではなく、

エネルギー、経済、文化

なども含まれるからです。

本書は、テレビ朝日『激レアさんを連れてきた。』への出演で話題となった
気鋭の研究者が、もっともわかりやすい安全保障の例として
「三匹の子ぶた」を用い、非軍事的な7つのテーマに分けて
ほぼ専門用語抜きの解説を試みたものです。

令和も戦争のない時代にするために、
すべての日本人が考えるべきトピックが詰まった一冊です。

定価 : 1,400 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9817-8  [発売日] 2019-06-24 

電子書籍