トップページ > 新書一覧 > 京都が観光で滅びる日 - 日本を襲うオーバーツーリズムの脅威 -

写真集


京都が観光で滅びる日 - 日本を襲うオーバーツーリズムの脅威 -

村山 祥栄

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
京都だけじゃない!このままでは日本の観光地は観光客に食い荒らされる
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
現役京都市議会議員が考える「観光公害」から街を守る方策
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


京都の観光客数は5000万人を超え、なおも増え続けようとしている。
古くから独自の景観政策で街を守ろうとしてきた京都だが、
観光地の混雑だけならまだしも、民泊トラブル、市バスの大混雑、四条通1車線化によるさらなる渋滞、舞妓さんパパラッチ、ゴミのポイ捨て、高級ホテル乱立、中心部の不動産高騰、人口流出などなど、観光による「公害」は拡大を見せている。

海外ではヴェネチア、バルセロナ、アムステルダムが同じ「公害」に苦しんでおり、日本でもすでに沖縄、鎌倉、富士山、白川郷、宮島などが観光客の増えすぎによる問題を多数抱えている。

京都市議会議員を5期つとめるなか、国内外の現地調査を繰り返した著者が、この課題への解決策を提案する。




<主な内容>
街が観光に食いつぶされる 
京都の民泊政策
「住む場所」「働く場所」が奪われる
大渋滞する京都の道路
市民の不満と京都
迷走と混乱の観光政策
住民が住みやすい「古都京都」とは
京都駅前大学移転構想の大欠陥
京都市の深刻な財政危機
財政再生の処方箋

発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 900 円+税
[ISBN] 978-4-8470-6161-5  [発売日] 2019-12-10 

ワニ・プラス

information

PROFILE
村山祥栄(むらやましょうえい)

1978年京都市左京区生まれ。専修大学法学部在学中に衆議院議員松沢成文氏の秘書、卒業後株式会社リクルート勤務を経て2003年京都市議選出馬、市政史上最年少当選後5期を務める。2008年京都市長選出馬、2010年、自ら地域政党京都党結党し、2019年まで代表。2012年・16年・19年とマニフェスト大賞優秀賞を3度受賞。2016年から大正大学客員教授。全国地域政党連絡協議会副会長。著書に『京都・同和「裏」行政』『地方を食いつぶす「税金フリーライダー」の正体 』(講談社+α新書)ほか。