トップページ > 新書一覧 > 三国志 - 研究家の知られざる狂熱 -

写真集


三国志 - 研究家の知られざる狂熱 -

渡邉 義浩

「劉備が諸葛亮に遺した遺言が、しっくりこない!」

三国志研究家は、
何を「問題」と考え、何を「研究」しているのか?

120以上の論文を書き上げた第一人者が
その知られざる“裏側”と“狂熱”を徹底解説。


■まったくあたらしい視点で三国志を知る・楽しむ!
 三国志ファン垂涎の一冊。

・『三国志』『三国志演義』の新たなる考察
・劉備は諸葛亮を信頼していなかった!?
・陳寿『三国志』には、劉備が母のためにお茶を買うシーンはない
・龐統、馬良、蒋琬は地縁で優遇された
・曹操は儒教を崩壊させるために「文学」を宣揚した
・司馬懿は夏休みの宿題のような詩をつくった
・孫権が張昭を屈服させられなかった理由
・魯肅は経済資本を周瑜に与えて「名士」となった
・「乱世の姦雄」「臥龍」など人物評語が与えられた理由 .etc

定価 : 850 円+税
[ISBN] 978-4-8470-6638-2  [発売日] 2020-03-23