トップページ > 書籍一覧 > 腸のことだけ考える

写真集


腸のことだけ考える

星子尚美

 
●がんを克服した医者だから伝えられる!

●大事なのは腸でした!!

●「腸の掃除(リセット)」は万病に効く!!

●がん・糖尿病・アトピー・うつ・老化も病気も防ぐ

●やせる!免疫力アップ

●免疫力が上げれば
インフルエンザもコロナウィルスも怖くない

●腸は掃除できる!!
腸をきれいにするファスティング(断食)にチャレンジ

「腸がきれいなら、カラダと心の健康問題の大半は解決できます!!」
いきなりそんなことを言われても、みなさんにはなかなか信じてもらえないかもしれません。
でも、それはまぎれもない事実です。
腸がきれいであるということは、すなわち腸が健康な状態にあるということ。
腸が健康であれば、免疫力がアップします。
なので、毎年のように猛威を振るうインフルエンザや世間を騒がせるような新しい感染症(最近の話題だと新型コロナウイルス!)への有効な対策になります。
また、がんや心臓疾しっ患かん、脳疾患などの大病にかかるリスクも軽減されます。
さらに、精神的にも安定するので、うつ病などの心の病気にもなりにくくなります。
加えて、肌ツヤもきれいになり、見た目も若返るという美容効果まであります。(本文より)

・すべての命は、腸にはじまる。
・小腸が脳に指令を送っている
・小腸は「第2の脳? むしろ「第1の脳」です
・腸は人体最大の免疫器官
・幸せホルモン「セロトニン」も腸でつくられる
・腸内細菌のバランスが狂うとインスリンの効き目が悪くなる
・現代人の腸は発がん物質まみれになりやすい
・アレルギー疾患を引き起こすのは腸内細菌のバランスの乱れ
・現代人の偏った食事が腸内環境を悪化させている
・脳の「おいしい」と腸の「おいしい」は違う!? 
・腸を無視した糖質制限食は危険!
・食事でカラダをデトックスする
・牛乳が便秘や下痢の原因に?
・日本人の約85%以上は牛乳があわない体質
・自宅で簡単!「こうじ水」で腸をきれいに
・ストレスは腸の健康にとって一番の大敵
・「いただきます」と「ごちそうさま」の意味を考える

定価 : 1,100 円+税
[ISBN] 978-4-8470-9900-7  [発売日] 2020-03-31 

information

PROFILE
星子尚美(ほしこなおみ)

星子クリニック院長・医学博士。昭和31年生まれ。昭和57年、東京女子医科大学医学部卒業。昭和63年、熊本大学医学部大学院修了。医学博士号取得。放射線科專門医取得。平成5年、産業医取得。平成11年、健康スポーツ医取得。平成18年、日本臨床抗老化医学会認定医取得。アロマコーディネーターライセンス取得。米国ISNF公式認定サプリメントアドバイザー取得。平成21年、キレーション点滴専門医取得。ビタミンミネラルアドバイザー取得。高濃度ビタミンC点滴療法専門医取得。アンチエイジング統合医療認定医取得。平成26年、東久邇宮国際文化褒賞授賞(予防医学に貢献した等)。アーユルヴェーダハーブ専門医取得。大病を患い2回も九死に一生を得たことから、医師として自分が知り得た知識を伝えることが使命と考え、正しい医療とは何かを探求する。全人的医療を目指した自由診療のみの代替医療のクリニックを開業。がん、生活習慣病などの難病に苦しむ患者の治療と予防医療を行っている。食事療法をはじめとし、腸内洗浄や便移植などの最先端医療を駆使し、患者に優しい、カラダに優しい検査治療を行う。一般的な病院やクリニックとは一線を画すスタイルで治療を行っている。著書に『「平熱37℃」で病気知らずの体をつくる』(幻冬舎)、『病気がどんどんよくなる「腸のお掃除」のやり方―「食べる水素」で腸をキレイに保つ』(ナショナル出版)など。