トップページ > 書籍一覧 > 医師が教える子供の食事大全 - 0歳から青年期まで -

写真集


医師が教える子供の食事大全 - 0歳から青年期まで -

櫻本美輪子 定真理子

ベストセラーに最新の栄養学の情報を加え、
大幅に加筆した待望の改訂版!

アトピー、ぜんそく、花粉症、免疫力低下、下痢・便秘、ストレス、
イライラ、集中力がない、だるい、不眠、落ち込みやすい…、
その子供の悩み、“栄養障害”が原因かもしれません。

成長期の子供にとって、日々の食事が心身に与える影響は想像以上に大きく、
悩みや症状の原因はほとんどが単なる“栄養不足”。
それらは毎日の食事を変え、必要な栄養素を十分に摂ることで、大きく改善します!

・免疫力を上げるにはビタミンD
・アトピーには魚の油脂と亜鉛
・「朝起きられない」は鉄分不足
・腸内環境改善でやる気UP など

医師が実際に臨床の場で取り組んでいる、
子供の心と体を健康に育てるための“新・食習慣”をお教えします。

※本書は2011年に刊行した『医師も実践している子供が丈夫になる食事』に、
新たな情報をもとに加筆・修正を加えた新装改訂版です。


■症状別・栄養メソッドを掲載

イライラには ⇒セロトニンやGABAの材料である鰹、いわし、さんま
うつには ⇒甘い物やスナック菓子を控え、おやつにチーズや無糖ヨーグルト
落ち着きがない子には ⇒腸内環境を整える納豆、キムチなどの発酵食品
すぐ疲れる ⇒ストレスを和らげて疲労を回復するいちご、ミニトマト
ぜんそくには ⇒健康な皮膚や粘膜をつくるレバーや赤身肉
SNSによる脳ストレスには ⇒マグネシウムを含むアーモンドや納豆
やる気がでないときには ⇒たんぱく質が豊富な鰹、うなぎ、いわし
など


■はじめにより一部抜粋

「朝起きられない」「学校に行けない」「気持ちが落ち込む」「イライラする」……。
さまざまな悩みを抱える彼らに、毎日どのような食事やおやつを食べているのかを聞くと、ほぼ例外なく問題点が見つかります。
実際に血液検査をしてみると、こんなに飽食の時代にもかかわらず、栄養障害という結果が出るのです。
それは、必ずしも極端な偏食の子供とは限りません。一見、健康的な食生活に見えても、実は意外な落とし穴があることも多いのです。


【CONTENTS】

■1章 栄養セラピーで、子供は元気になる!

子供のその悩み、あきらめていた症状、食事で治せます! 
「卵は1日4個食べてもいい」。正しい? それとも間違い? 
栄養セラピーで、子育てはラクになる! 
栄養セラピーで子供を育てた私の経験談。 など

■2章 知っておきたい栄養セラピーの基本

妊娠から出産まで、元気な赤ちゃんは母体の栄養が決め手。 
アレルギー児にしないためにも胎児のうちから腸活を。  
10歳までに脳神経はほぼ完成! 幼児期の栄養セラピーの必要性。
楽しく豊かな成長期は、〝栄養満タン〟から始まります。 など

■3章 栄養セラピーを実践してみましょう

食事は野菜より〝肉〟中心がいい。 
ほうれん草を食べても、鉄分はほとんど摂取できません。 
発酵食品は、子供のやる気を育む強い味方です。
子供を元気にする良い〝おやつ〟、不調にする悪い〝おやつ〟。 など

■4章 症状別・子供の悩み改善法!

アトピー性皮膚炎/イライラ・キレやすい/うつ/ADHD/落ち着きがない/
風邪・インフルエンザ/花粉症/下痢・便秘/自閉症/受験・テストのために/
すぐ疲れる/頭痛/ストレス/スポーツする身体のために/ぜんそく/
ニキビ/脳ストレス/貧血/不登校/やる気が出ない・だるい/夜泣き・不眠 など

■5章 丈夫な子供を育てるレシピ

具だくさんの巣ごもり卵/鶏肉のソイミルクポトフ/チーズビーフカツ/
たっぷり大豆の肉味噌/鶏肉と大豆のドライカレー/さんまの洋風チーズ焼き/
低糖質アイスクリーム/おからクッキー/パリパリチーズせんべい など

定価 : 1,200 円+税
[ISBN] 978-4-8470-9995-3  [発売日] 2020-12-11 

櫻本美輪子 , 定真理子

information

PROFILE
櫻本美輪子(さくらもと みわこ)

医療法人社団水青会小松川クリニック 副院長。
日本内科学会 認定内科医。日本心身医学会 心身医療「内科」専門医。
千葉大学医学部卒業。東京都立駒込病院にて内科研修後、東京大学医学部附属病院分院心療内科に入局。平成9年から、医療法人社団水青会小松川クリニックにて、内科・心療内科を担当。小児から高齢者まで幅広い年代を対象として、栄養療法を取り入れた医療を実践している。

定 真理子(じょう まりこ)
NPO分子整合栄養医学協会認定 分子整合栄養アドバイザー、栄養カウンセラー。
36年前に栄養療法と出会い、自身の不妊症を克服し、二児に恵まれる。子供に出産時から栄養療法を施し、息子は高校生ながらプロレスラー「定アキラ」としてデビューし、27歳の今も活躍中。現在は栄養カウンセリングをはじめ、講演やセミナー、雑誌などで活躍している。『35歳からの栄養セラピー「妊娠体質」に変わる食べ方があった!』(青春出版社刊)など、著書多数。