トップページ > 男性写真集一覧 > 無性愛

写真集


無性愛

中山咲月

中性的じゃ足りない。
もう男でいさせてください。
『仮面ライダー ゼロワン』で亡役を演じた俳優・中山咲月が、トランスジェンダーであり、「無性愛者」というセクシュアリティについて初めて告白する、超大型フォトエッセイ。

無性愛 asexual———
他者に対して、恋愛感情や性的欲求を感じないセクシュアリティ。

《本文より抜粋》
中性的を突き詰めればベースは「女性」。
周りが求めるジェンダーレス像は自分を消した上でしか成り立たないものにいつしかなっていた。
「女の子なのに、男の子みたいにカッコいい」という付加価値。
「もとは女性」というチャームポイントの違和感。
気づいた時には、もう息ができなかった。

《中山咲月からのメッセージ》
この本の出版が決まったとき、こんなに自由に表現させてもらえるなら、自分のことをすべて包み隠さず話してしまおう、と決めました。
この本を通して、中山咲月のこと、自分が男性として認識して欲しいと思っていること、そして無性愛のことを少しでも知ってもらえたら嬉しいです。



< 発売記念フェア情報 >
今回、中山咲月『無性愛』発売を記念して、限定特典をご用意いたしました!

■ワニブックス通販(サイン本)
https://wani-special-edition.com/products/detail/83380rzvJ-00


【Amazon限定カバー版】
https://www.amazon.co.jp/dp/4847083873

【Amazon通常版】
https://www.amazon.co.jp/dp/4847083814


★発売記念イベント開催決定!
→詳細はこちら

定価 : 2,800 円+税  ¥3,080⑩
[ISBN] 978-4-8470-8381-5  [発売日] 2021-09-17