トップページ > 新書一覧 > ナチス映画史 - ヒトラーと戦争はどう描かれてきたのか -

写真集


ナチス映画史 - ヒトラーと戦争はどう描かれてきたのか -

馬庭 教二

フィルムに映っているのは、
今、また繰り返されている惨事――

2010年以降、現在にいたるまでヒトラーやナチスを
題材とした映画が多数制作、公開されています。
本書は、なぜこれほどまでに現代において
ヒトラー、ナチスに高い関心が寄せられているのかという疑問に、
1933年のヒトラー独裁政権成立から第二次世界大戦を経て
現在にいたる関連映画作品の系譜を、史実を交えながらたどることで迫るものです。

関連作品の中でも、
●大脱走
●サウンド・オブ・ミュージック
●愛と哀しみのボレロ
●シンドラーのリスト
●サラの鍵

など、特筆すべき作品については、その価値と見どころも解説。
ヨーロッパが危機的状況を迎えている今こそ読んでおきたい一冊です。

定価 : 900 円+税  ¥990⑩
[ISBN] 978-4-8470-6674-0  [発売日] 2022-06-08 

馬庭教二