トップページ > 書籍一覧 > 免疫アップの最強セットリスト ~自分で選ぶ健康寿命の延ばし方~

写真集


免疫アップの最強セットリスト ~自分で選ぶ健康寿命の延ばし方~

飯沼一茂

なぜ年齢を重ねるにつれて、病気にかかりやすくなるのか。その理由は、私たちの体に備わった自然治癒力、特に免疫が少しずつ弱くなっているからなんです。

免疫のバランスが崩れると、体内には慢性的な炎症状態が起きやすくなり、慢性炎症が続くことで次のような病気のリスクが高まることが知られています。
① 生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、非アルコール性肝炎など)
② がん、がんの転移
③ 神経変性疾患(認知症、アルツハイマー、パーキンソン病、うつなど)
④ 自己免疫疾患(慢性関節リウマチ、バセドウ氏病、クローン病など)
⑤ 動脈硬化症(脳梗塞、脳出血、心筋梗塞)

このような病気にならないため、そして健康寿命を延ばすためには、免疫アップが欠かせません! この本で解説することは「何をすれば免疫で健康寿命を延ばせるか」です。医学的な知識や理論をできるだけわかりやすく説明しているので、日々の生活の中で行えそうなものを選んで、セットリストを作ってみてください。

老化を軽減し、健康寿命を延ばすためには、総合的なアプローチが重要です。皆さんの生活に合わせて実行していただけると幸いです。
――著者より。

定価 : 1,500 円+税  ¥1,650⑩
[ISBN] 978-4-8470-7414-1  [発売日] 2024-02-24 

飯沼一茂

information

【PROFILE】
飯沼一茂(いいぬま・かずしげ)

医学博士。純真学園大学客員教授。日本機能性免疫力研究所代表。
1948年生まれ。1971年立教大学卒業後、ダイナボットRI研究所(現:アボットジャパン)入社。1987年大阪大学医学部にて医学博士取得。2008年よりアボットジャパン上級顧問。2010年より国立国際医療研究センター・肝炎免疫研究センター客員研究員、2012年からは純真学園大学客員教授も務める。
ホルモン、腫瘍マーカー、感染症マーカーの測定法の開発に多く携わる。特に、C型肝炎マーカーの開発によりC型肝炎の輸血による感染を撲滅し、世界的な評価を得た。その他、HIVマーカーの測定法開発やエイズ撲滅のボランティア活動を積極的に行っている。
著書に「それでは実際、なにをやれば免疫力が上がるの?」(小社刊)など。