鎌倉殿と呪術 - 怨霊と怪異、幕府成立史 -

島崎 晋

これが本当の呪術大戦!? 鎌倉時代は陰陽師の歴史であった!?
『吾妻鏡』を読み説けば自然に描かれる、怨霊と怪異、そして陰陽師の幕府成立史。
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(2022年)では描かれない!? もう一つの鎌倉時代。 

■頼朝伝説を伝える場所が社寺ばかりなのはどうしてか?
■色褪(あ)せることなき平安のスーパーヒーロー安倍晴明の威光
■北条政子の出産に伺候した御験者、鳴弦役のびっくりする役割は?
■治承・寿永の内乱の裏で進行した呪術合戦
■頼朝も恐れた崇徳上皇という日本最大の怨霊
■義経の捜索にも呪術を駆使
■怨霊となった梶原景時、一族を鎮める
■時代に逆行!? 急増する陰陽道の祭祀
■陰陽道関連記事で埋まる『吾妻鏡』
■後鳥羽院と密教呪術。鎌倉で続出する天変地異
■勝敗の知らせを待つ北条義時の屋敷に落雷
コラムも充実
●『キングダム』と呪術
●『呪術廻戦』の呪術高専と陰陽寮
●独裁者も軍人も恐れる。現代でも信じられているミャンマーの黒魔術

定価 : 1,100 円+税
[ISBN] 978-4-8470-7128-7
[発売日] 2021-11-24 

information
PROFILE
島崎 晋

1963年、東京生まれ。立教大学文学部史学科卒業。専攻は東洋史学。在学中、中国山西省の山西大学に留学。卒業後、旅行代理店勤務を経て、出版社で歴史雑誌の編集に携わる。現在はフリーライターとして歴史・神話関連等の分野で活躍中。最近の著書に『図解眠れなくなるほど面白い戦国武将の話』(日本文芸社)、『劉備玄徳の素顔』(МdN新書)、『どの「哲学」と「宗教」が役に立つか』(辰巳出版)など多数。

注目ワード: