命の水 - モンマルトルーーラパン・アジルへの道 -

さかもと未明

著者の漫画家、さかもと未明さんは、約10年前に難病である膠原病を発症し、完治することがなく、さらに体調が悪化していくことに絶望の日々を送っていた。そんな彼女はシャンソンを歌うことに目覚め、CDを録音するまでに。さらには、パリのモンマルトルにあり、ピカソやユトリロなど著名な画家や作家、シャンソン歌手が集ってきたキャバレー・シャンソニエである「ラパン・アジル」と出合い、生きる力を取り戻していく。
彼女の「ラパン・アジル」との出合いと再生の物語を主軸に、200年以上の歴史を誇り、今なお芸術的な輝きを放ち続ける「ラパン・アジル」の歴史と今日の姿を多数のビジュアルとともに紹介する。2024年7月に開幕するパリ五輪で、パリの街への関心が高まる時期の発刊であり、モンマルトルのガイドブックとしての側面も見逃せない。
発売:ワニブックス 発行:ワニ・プラス

定価 : 2,200 円+税
[ISBN] 978-4-8470-7460-8
[発売日] 2024-07-01 

ワニ・プラス

information
PROFILE
さかもと未明(さかもと みめい)

漫画家、画家、作家。神奈川県生まれ。玉川大学英文科卒業後、商社勤務を経て漫画家に。その後は、評論活動やテレビ出演も多く、歌手デビューも果たす。2007年に膠原病と診断され、さらに発達障害だったことも明らかに。現在は、画家として創作活動を続けながら、歌手としてのライブ、舞台のプロデュースなども手掛ける。
著書は、『マンガローマ帝国の歴史』(全三巻、講談社)、『神様は、いじわる』(文春新書)、
『まさか発達障害だったなんて』(星野仁彦氏との共著、PHP新書)、『わたしの居場所はここにある』(海竜社)など多数。

注目ワード: