もう怖がらないで! がんに向き合う12の魔法 - 神様からの贈り物——タヒボ -

赤木純児 中井由梨子

東京と熊本で免疫統合医療によって、数多くのステージ4のがん患者を救ってきた医師、赤木純児氏の最新治療メソッド(水素吸入療法、ハイパーサーミア、低用量抗がん剤治療、光がん免疫療法、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボとヤーボイなど)と治療の実例を、作家・演出家である中井由梨子氏が取材し、わかりやすく詳述。特に近年、赤木氏が治療に使用して、その効果を実感しているサプリ「タヒボ」について解説する。タヒボとはブラジルのアマゾン川流域に自生する樹木で、古くはインカ帝国時代にも薬木として使用されていた記録が残り、現在では抗がんに有効な成分が確認されている注目のサプリである。
標準治療でなすすべがなくなったステージ4のがん患者の方はもちろんのこと、がんと宣告された人にとって重要な情報が詰まった1冊である。

発売:ワニブックス  発行:ワニ・プラス

定価 : 1,600 円+税
[ISBN] 978-4-8470-7474-5
[発売日] 2024-08-02 

ワニ・プラス

information
【PROFILE】
赤木純児(あかぎ・じゅんじ)

くまもと免疫統合医療クリニック院長。宮崎医科大学(現 宮崎大学医学部)卒業。熊本大学大学院医学研究科博士課程修了後、1992年から1995年まで、アメリカの国立衛生研究所の国立癌研究所に留学し、腫瘍免疫を学ぶ。帰国後、熊本大学医学部付属病院第二外科(現 消化器外科)勤務などを経て、2010年、玉名地域保健医療センター院長に。2020年2月より現職。2023年、東京築地に分院である「TOKYO免疫統合医療クリニック」を開院。日本がん治療認定医、消化器がん外科治療認定医、日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本統合医療学会認定医、日本統合医療学会理事・熊本県支部長、日本アロマセラピー学会評議員、理化学研究所客員研究員、国際水素医科学研究会理事長。著書に『水素ガスでガンが消えた!』(辰巳出版)、『がん治療の「免疫革命」』『がんを切らずに治す』(共にワニブックス【PLUS】新書)など。

中井由梨子(なかい・ゆりこ)
作家、演出家。神戸市生まれ。1996年に劇団の座付作家としてキャリアをスタート。以降、数々の舞台や映像作品の脚本家・演出家・演技指導者として活躍。また、作家として、小説やノンフィクションの作品も手掛ける。主な著書に『20歳のソウル』( 小学館/幻冬舎文庫)、『栄光のバックホーム 横田慎太郎、永遠の背番号24』(幻冬舎)。構成した『まだ望みはあります』(高橋幸司著/さくら舎)などを通して、がんを克服するための治療法に興味を持つ。㈱インスピインカ代表。

注目ワード: