トップページ > 新書一覧 > 日本のアニメはなぜ世界を魅了し続けるのか - アニメ聖地とインバウンド-

写真集


日本のアニメはなぜ世界を魅了し続けるのか - アニメ聖地とインバウンド-

酒井 亨

香港デモの学生たちはアニメ好きが多い。台湾の若者も、嫌中でアニメが好き。さらにはヨーロッパの若者も……。
それは日本のアニメの中に多様性と自由を見出しているから。
そうしたアニメが日本の魅力を体現しているいま、どのようにインバウンドに活かし、ローカルとグローバルを結びつけるべきかを考える。
話題を呼んだ著者の『中韓以外みーんな親日』『アニメが地方を救う⁉』(ともにワニブックス【PLUS】新書)の続編がついに登場。

発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 900 円+税
[ISBN] 978-4-8470-6164-6  [発売日] 2020-04-08 

酒井亨 , ワニ・プラス

information

PROFILE
酒井 亨(さかい・とおる)

公立小松大学准教授 1966年、石川県金沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、台湾大学法学大学院修士課程修了。大学卒業後、共同通信社記者。2000年より、台湾在住フリージャーナリストとして台湾を中心にアジアの政治、経済、文化事情を取材し、雑誌記事、書籍を多数発表してきた。著書に『台湾 したたかな隣人』(集英社新書)、『中韓以外みーんな親日』『アニメが地方を救う⁉』(ワニブックス【PLUS】新書)など。