ちょっと待って! 竹中先生、アベノミクスは本当に間違ってませんね?

田原総一朗・竹中平蔵

2014年以降の「日本経済」と「アベノミクスの今後」はどうなるのか――。
産業競争力会議のメンバー・竹中平蔵に田原総一朗が切り込む!

○アベノミクスはバブルで終わるのか?
○消費税増税に対する戦略的なケア 
○円安がいいのか、円高がいいのか? 
○法人税減税で庶民にメリットはあるのか 
○2020年東京オリンピックは「第四の矢」になるのか

他、FX口座数世界第1位「外為どっとコム」講師による解説付き。
※フォレックス・マグネイト社調べ(2012年12月末時点)

定価 : 1,028 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9207-7
[発売日] 2013-12-24 

田原総一朗 , 竹中平蔵 , ビジネス

information
PROFILE
田原総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト。1934年、滋賀県生まれ。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』(以上、テレビ朝日系)などでテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。現在、早稲田大学特命教授として「大隈塾」塾頭を務める。

竹中平蔵(たけなか・へいぞう)
経済学博士。1951年、和歌山県生まれ。ハーバード大学客員准教授などを経て、2001年、経済財政政策担当大臣に就任。その後、金融担当大臣などを歴任し、現在は、慶應義塾大学教授。第2次安倍内閣では、「産業競争力会議」メンバーに選出されている。

注目ワード: ポリ袋レシピ