暦のたしなみ ~しきたり・年中行事・季節のうつろいまで~

小笠原敬承斎

700年以上続く小笠原流の宗家が「お止め流」であった伝書をひもときながら、日本人のしきたり・伝統文化の原点とその楽しみ方を提案!
これさえ知っておけば安心な冠婚葬祭の礼法や、その場の空気を“察する力”も身に付く。

序論  「日本人のこころ」を取り戻すために
第一章 正月行事
第二章 年中行事と人生の祝いごと
第三章 結婚と子どもの祝い
第四章 葬式のしきたりと礼法
第五章 手紙と贈答

【付録】日本文化キーワード集/二十四節気・七十二候 一覧表  など

定価 : 864 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6545-3
[発売日] 2013-12-07 

ワニブックス【PLUS】新書 , 小笠原敬承斎 , 電子書籍

information
PROFILE
小笠原敬承斎(おがさわら・けいしょうさい)

東京都生まれ。小笠原忠統前宗家(小笠原惣領家第三十二世・一九九六年没)の実姉・小笠原日英尼公の真孫。聖心女子学院卒業後、イギリスに留学。副宗家を経て、一九九六年に小笠原流礼法宗家に就任。七百年の伝統を誇る小笠原流礼法初の女性宗家となる。以来、門下の指導にあたるとともに、「たけしのニッポンのミカタ!」(TX)などTV出演、講演・研修、執筆活動を通じて、現代生活に応じた礼法の普及に努めている。

注目ワード: ポリ袋レシピ