紀平正幸『終(つい)の二択 ~定年からの取捨選択術~』

紀平正幸

老後の人生は「定年退職」、「妻との離別」、「年金受取」、「介護問題」など生活の環境ががらりと変わり、数々の岐路が現れます。
「退職金は、一括受取? それとも、年金受取?」、「葬儀は、挙げるべき? それとも、挙げない?」など後戻りできない究極の二択に直面した時、あなたなら“最期”にどちらを選びますか? 本書では、これら老年時代における二択に対し、ファイナンシャルプランナー流・決断に困らない選択術を伝授します。自らの手で、「最高の生き方」そして、「最高の逝き方」をたぐり寄せる!

定価 : 896 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6549-1
[発売日] 2014-06-09 

information
(目次)
第一章 「暮らし」の終の二択
第二章 「人間関係」の終の二択
第三章 「食事」の終の二択
第四章 「仕事」の終の二択
第五章 「健康・医療」の終の二択
第六章 「人生」の終の二択

注目ワード: 間宮祥太朗