布施英利『「美術的に正しい」 仏像の見方 ~30歳からの仏像鑑賞入門~』

布施英利 , ワニ・プラス

若い頃には興味がないが、なぜか30歳を過ぎたあたりから好きになるのが仏像。
その仏像の魅力と見方を、古今東西の美術に精通した美術批評家の著者が面白く、
わかりやすくガイドするのが本書である。第1章では奈良、京都、関東、韓国、インドの仏像を訪ね、来歴や特徴を紹介。続く第2章では仏像の誕生から終焉までを歴史的にひも解く。
仏像の魅力とは何か? 美とは何か? なぜ齢を重ねると仏像が好きになるのか? 
読めばあなたもきっと仏像に会いたくなる!

定価 : 972 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-6081-6
[発売日] 2015-04-08 

information
布施英利(ふせ・ひでと)
1960年生まれ。批評家。古今東西の様々な美術を対象に、とくに美術における人体像を解剖学の視点から研究している。東京藝術大学大学院美術研究科博士課程修了(美術解剖学専攻)。学術博士。東京大学医学部助手(解剖学)などを経て現在に至る。著書には、大学院生の28歳のときに出版した『脳の中の美術館』をはじめとし、『体の中の美術館』『京都美術鑑賞入門』『美の方程式』『パリの美術館で美を学ぶ』他多数がある。

注目ワード: 間宮祥太朗