『ナンシー関 原寸大!生ハンコ集』

ワニ・プラス , ナンシー関

昨年4月大阪 からスタートし、11月には東京で大好評を博した展覧会『顔面遊園地―ナンシー関 消しゴムの鬼―』が、今年5月から仙台、7月には富山と全国を巡回予定だ。その展覧会の目玉である、ナンシー関手彫りの驚くべき精密な「生ハンコ」を〝原寸大〟で約650点収録したのが本書である。没後に発見されたナンシー直筆による「消しゴムハンコができるまで」も出版物で初めて掲載。また、現在でも古びることない鋭い視点の文章も、過去の全著作から抜粋して掲載する。

定価 : 2,000 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9344-9
[発売日] 2015-05-20 

information
【著者プロフィール】ナンシー関(なんしー・せき)
人類初の消しゴム版画家、史上最強のテレビウォッチャーにして稀代のコラムニスト。
テレビに映った顔から万事を見抜き、幾千のコラムと幾千の消しゴムに彫りたおした。
その文章は古びることがなく、今も新たな読者を獲得している。2002年逝去。享年39。

注目ワード: 間宮祥太朗