社長の流儀 - 会社をつぶさず成長をつづける -

佐々木常夫

佐々木常夫、初の「社長本」。

元・東レ経営研究所社長にして、
経営者育成塾・塾長の全ノウハウ。

経営に教科書(セオリー)はない。ではどうすべきか?
“だれもおしえてくれない” 経営の「王道と詭道」を網羅。


【内容紹介】

よい会社とはつまりもうかっている会社であり、
会社をもうけさせることのできる経営者が、
すなわち「よい社長」にほかならないのです。
この、よい社長になることは、けっしてやさしい道ではありませんが、
かといって、それほどむずかしい道でもありません。
そのことは、この本を読んでもらえれば、きっと納得いただけるはずです。
――(「はじめに」より)


(構成)
第1章 「会社をつぶさない」社長の鉄則
第2章 「成果を上げる」社長の条件
第3章 「人を育てる」社長の技法
第4章 「信頼を勝ちとる」社長の妙技

(内容抜粋)
・すぐれた経営者は人とちがう「自分だけの経営」をめざす
・集団組織を率いるトップは「人間通」でなくてはいけない
・成功する経営者は必ず「よい独裁者」である
・「次世代の中核事業」は周辺分野に生みだしやすい
・どうすれば社員の能力を公平に評価できるか…
・ときには正攻法から外れた奇策も用いるべし
・経営を安定させる上手な金融機関とのつきあい方…
・社長は自分の「辞めどき」を決めておけ

定価 : 1,620 円(税込)
[ISBN] 978-4-8470-9775-1
[発売日] 2019-03-29 

電子書籍

information
PROFILE
佐々木常夫(ささき つねお)

1944年、秋田市生まれ。株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表取締役。
69年、東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。自閉症の長男を含め3人の子どもを持つ。しばしば問題を起こす長男の世話、加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多難な家庭生活を送る。一方、会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建などさまざまな事業改革に多忙を極めたが、家庭と仕事の両立を図るために、「最短距離」で「最大の成果」を生み出す仕事術を創り上げるとともに、部下をまとめ上げるマネジメント力を磨き上げた。
2001年、同期トップ(事務系)で東レ株式会社の取締役に就任。03年より東レ経営研究所社長、2010年に同研究所特別顧問となる。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職も歴任。何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを務める。
著書に『働く君に贈る25の言葉』『そうか、君は課長になったのか。』(ともに、WAVE出版)、『リーダーの教養』(ポプラ社)、『決定版 上司の心得』(KADOKAWA)など多数。

注目ワード: ポリ袋レシピ