ロシア・ウクライナ戦争と日本の防衛

渡部悦和、井上武、佐々木孝博

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ロシア・クライナ戦争を専門家が詳細に分析
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

渡部悦和元陸将、井上武元陸将、佐々木孝博元海将補の3人が徹底討論。
日本が教訓とすべきことを明確に提言する!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■ウクライナ侵略までの経緯
・プーチンの「大義」と「歴史観」
・ウクライナ、ロシア、ベラルーシの歴史
・NATOとプーチンの関係
・ウクライナの歴史と対ロシア感情
・クリミア併合とウクライナ紛争
■侵略直前に起きたこと
・情報戦
・サイバー戦
・宇宙戦・ウクライナの軍事強化
・ロシア軍のずさんな作戦構想と組織
■2月24日から起きていること
・陸海空戦それぞれの推移
・情報戦、サイバー戦の推移
・経済戦の効果分析
・核兵器・生物兵器使用可能性の分析
■今後の展開
・ロシアレジームチェンジの可能性は
・プーチンの失脚はあるのか
・経済制裁の効果
・米国の利益はどこにあるか
・中国の立場はどう変化するか
・NATOの今後
■日本が教訓とすべきこと
・国家指導者のありかた
・国民と「国家防衛」の意識
・強い国家とは何か
・日本人の極端な「軍事アレルギー」
・弾道ミサイルへの対応
・軍民一体の作戦の必要性
・日本は市街戦に対応できるのか

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


発行:ワニ・プラス
発売:ワニブックス

定価 : 1,000 円+税
[ISBN] 978-4-8470-6196-7
[発売日] 2022-06-08 

ワニ・プラス

information
PROFILE
渡部悦和(わたなべ よしかず)
1955年愛媛県生まれ。元陸将。1978年東京大学卒。陸上自衛隊入隊後、外務省出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学等を経て、東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争』(講談社現代新書)等。

井上武(いのうえ たける)
1954年徳島県生まれ。元陸将。1978年防衛大学校卒(22期)。陸上自衛隊入隊後、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、ドイツ防衛駐在官、陸上自衛隊富士学校長等を経て、2013年退職。陸上自衛隊最新兵器について『月刊JADI』(日本防衛装備工業会)等の雑誌に数多く投稿。

佐々木孝博(ささき たかひろ)
1962年東京都生まれ。元海将補。1986年防衛大学校卒(30期)、博士(学術)。海上自衛隊入隊後、オーストラリア海軍大学留学、在ロシア防衛駐在官等を経て、下関基地隊司令。2018年退職。著書に『近未来戦の核心 サイバー戦』(育鵬社)等。

注目ワード: